ふるさと納税でしか手に入らない奇跡のNZクローラー!deps&GEECRACKのコラボ製品が登場!

昨今は何かとふるさと納税が話題になっていますが、一度もふるさと納税したことがありません!

 

返礼品や節税効果があるとはいえ、確定申告の手間とかを考えると、ちょっと面倒。ふるさと納税っていまいちメリットを感じないなー、と思ってしまうところであります。

 

しかし、そんな手間や面倒くさい感情を吹き飛ばすようなふるさと納税の返礼品が登場しています!

ふるさと納税でしか手に入らない奇跡のNZクローラー!deps&GEECRACKのコラボ製品が登場!

岐阜県海津市のふるさと納税にNZクローラーが登場!ジークラックがデプスに協力を受ける形で実現した奇跡のコラボ、奇跡のふるさと納税が誕生しています!

 

返礼品として、デプスのNZクローラー(カラー名:大江川ナマズ)、オリジナルタオル、オリジナルキャンプカップが用意!30000円以上の寄付で貰えるようになっています。

 

この3点セットは実質的な価格は不明なところではありますが、通常は入手することができない製品なので、手に入れる価値は十分にあります。

 

しかし、何より注目したいのは(株)ジークラックが寄付に協力しているところ!真の釣り人なら寄付の目的に注目したい!

このふるさと納税は釣り場を守るための寄付!

ふるさとチョイスの説明ではこのように説明されています。

岐阜県海津市に流れる一級河川「大江川」は多くの釣り客が集まる人気の釣り場スポットです。ジークラックは、いつまでも釣りができる環境作りのため海津市を流れる大江川清掃活動並びに海津市漁協への寄附を行っています。今回の返礼品は海津市とのゆかりから実現した限定コラボルアーです。このルアーの名は海津市の魚でもある「なまず」から名前を貰った「大江川なまず」です。ぜひこのルアーを使って海津市を流れる大江川で釣りをお楽しみください。

ふるさとチョイス岐阜県海津市より引用

ジークラックは岐阜県岐阜市にあるルアーメーカーですが、バス釣りの人気フィールドである大江川は海津市を通っており、大江川でいつまでも釣りをすることができるような環境を守るために、ジークラックは以前から寄付をされていたようです。

 

ジークラックの社長である青木さんのブログに、ふるさと納税についての経緯の詳細が書かれています。

参考

海津市ふるさと納税返礼品 deps&GEECRACKGEECRACKの社長ブログ

 

釣り場を守るために寄付したくてもどこに寄付していいかわからなかったりして、なかなか釣り場への貢献はやりにくいものですが、こういった寄付ができるのは嬉しいことですね。

もう一度NZクローラーに注目!限定カラー「大江川なまず」だぞ!!

寄付の目的を深く心に刻みつつも、もう一度寄付の返礼品であるNZクローラーに注目しておきたい!

今回のNZクローラーは限定カラー「大江川なまず」が入手できるようになっているぞ!

出典:ふるさとチョイス

大江川なまずカラーのNZクローラで大江川のバスを釣る。

ふるさと納税の寄付によって大江川の環境がよくなる。。。

なんという好循環でしょう!お金を使っても後悔がないどころか幸福感さえ湧いてくるような気がしますね!

 

限定カラーの大江川なまずのNZクローラー手に入れたい人はふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」をチェックしておきましょう!

釣り関係のふるさと納税は他にも多数!目的を見つつ寄付したい!

ふるさと納税の返礼品として他にどんなものがあるのか調べてみたら、意外にもたくさんの釣り具が返礼品として用意されていました!

 

例えば、静岡県の焼津市では返礼品としてDUOのルアーセットが用意されています。

 

また、福岡県行橋市ではメタニウムやスコーピオンなど、各種リールが返礼品として用意されています。

出典:ふるさとチョイス

 

出典:ふるさとチョイス

 

しかし、こういった趣味の道具が返礼品として用意されているというのはどうなのでしょう?

ふるさと納税の趣旨から外れているような気がしなくもないですよね。

まとめ:寄付の目的をちゃんと見てから寄付しよう!!

ふるさと納税のサイトを見ていると、納税されたお金がどう使われるかが全然説明されていないものも多く見受けられ、「寄付ってなんなの?」という気持ちがなんとなく出てきているところです。

 

個人的には寄付金がどういうところに使われるか説明されているべきかと思いますが、何か思惑があるのでしょうか?

 

ふるさと納税は寄付金がどう使われるか、なんのために使われるかに注目しつつ寄付を行うようにしましょう!

コメントを残す