シマノのMGL搭載ベイトリールをまとめてみた!

こんにちはツリイコ(@turi_iko)です!

シマノのベイトリールに「19アンタレスMGL」や「19スコーピオンMGL」が加わり、MGL製品のラインナップが充実してきました!

 

思いつくだけでも結構な種類のMGL搭載リールがあるように思います。

 

しかし、種類が増えてくると「たくさんあって、ようわからん!」ですよね!

ということで今回はシマノの「MGL搭載ベイトリール」を一覧にするべくまとめてみました。

【シマノ】マグナムライトスプール搭載のベイトリールをまとめてみた!

出典:シマノ

シマノのMGL(マグナムライトスプール)を搭載したリールはそこそこの数があり、その中には評判のいいリールも多くあります。

 

しかし、最近は製品ラインナップが充実してきてしまったため、MGL搭載リールの比較が非常に面倒!どれを買ったらいいか調べるだけでも日が暮れてしまいます。これでは釣りに行く時間がなくなってしまいますね!

 

ということで、アングラーのアイテムチョイスに割く時間を少しでも短くし、釣りをする時間を確保するべく、MGLを搭載したリールをこの1ページにまとめてみました!!

MGLとは?

「MGLのリールいいよ」ってよく聞くけど、そもそもMGLってなんだっけ?

そんな方のためにMGLについてのおさらいです。

MGLとは、マグナムライトスプールのことで、スプールを軽量化・肉薄化することで、慣性モーメントを小さくし、キャストフィーリングの向上、遠投性能の向上、ライントラブルの減少などを実現するためのスプールです。

慣性モーメントが小さくなれば、スプールを回転させる時も、止める時も、小さな力で済むので、遠投性能を向上させたり、バックラッシュなどのトラブルを少なくすることが可能のようです。

 

自分で使ってみての感想としては、キャストしたときの抜けの良さは本当に気持ちがいい!

非常に軽い感じでルアーが飛んでいくので、MGLじゃないシマノのリールに比べてみると、ライン放出時にスプールにかかる重さを感じにくくなっているんです!

19アンタレス

出典:シマノ アンタレス

2019年に登場し、「マグナムライトスプールⅢ」を搭載した「19アンタレス」です。

 

製品名にMGLの表記はありませんが、しっかりと最新のMGLを搭載!

スプール径は34mm/19mmとなっており、19mmのナロースプールとなっているのが特徴です。

「19アンタレス」と「16メタニウムMGL」の違いは?比較してみた!

スプールがナロー化されたことで、MGLの特性を強化しているようなので、シマノファンなら誰しもが試してみたい製品なのではないでしょうか?

16メタニウムMGL

出典:シマノ メタニウム MGL

第二世代(NEW マグナムライトスプール)を搭載している「16メタニウム MGL」

 

このメタニウム MGLは非常に評判も良く、ダイワ派の友人からも「メタニウム MGLはいいよね」という発言が出るほどです。

 

使用した感じも巻き心地、投げ心地ともに軽くて気持ちがいい!

ルアーをキャストしたときのラインの放出感が軽くて、スッ!っと飛んでいく感じが、開放感があって素敵です!

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥29,494 (2019/09/05 08:11:02時点 Amazon調べ-詳細)

18バンタムMGL

出典:シマノ バンタムMGL

メタニウム MGLと同じく第二世代のマグナムライトスプールを搭載している「バンタムMGL」

 

コアソリッドボディの持つ高剛性がボディが大きな特徴となっています。

ボディを削り出して加工したり、リールのパーツ数を減らすことでボディの一体感を出したことで、高剛性&好感度を実現しています。

 

バンタムMGLにはローギアモデル(ギア比5.5)があるので、巻物をローギアで攻めたい人にとっては「買い」のリールかもしれません。

19スコーピオンMGL

出典:シマノ スコーピオンMGL

2019年に新登場の「スコーピオンMGL」

最近はスコーピオンにDCモデルやベイトフィネスモデルが登場するなど、スコーピオンのラインナップが充実していましたが、MGLモデルが加わり、さらに充実しました!

 

16ポンドナイロンラインが100m巻けるなど、あらゆるルアーゲームに対応できそうな予感がします。

メタニウムやクロナークと若干被っているんじゃないかと思いましたが、スプール幅を見てみると、スコーピオンのみスプール幅が25mmとなっておりワイドスプールになっています

SLX MGL

出典:シマノ SLX MGL

こちらも2019年に登場した新リール「SLX MGL」です!

低価格帯のモデルでありながらも、上位機種に使われている技術が搭載されているのがこの「SLXMGL」になります。

 

マットブラックのボディがカッコイイですね!どのロッドともマッチしそうなデザインです。

カシータスMGLとスペック的に被っているところはありますが、ラインキャパそんなにいらない&ハガネボディの剛性感が欲しい人はSLX MGLがいいかもしれません。

 

また、秦拓馬プロの秦拓馬☆俺達。チャンネル」の動画によると、アンタレス DCと遜色ない飛距離を叩き出しているようなので、低価格で高飛距離を叩き出したい人にも向いているリールなのかもしれません。

クロナークMGL

 

出典:シマノ クロナークMGL

クロナークMGLも以前から販売されているモデルですが、正直いまとなってはメリットがあまりないリールに感じてしまいます。

 

というのも後発のリールでいいものが出てきているから!!

18バンタムMGLや19スコーピオンMGLで代用できるんじゃないのかな?というのが正直な感想です。

 

しかしリールの自重は185gと軽量になっているので、軽いリールで16ポンドが100m巻けるやつが欲しいという人にはいいのかもしれません。

アルデバランMGL

出典:シマノ アルデバランMGL

アルデバランMGLは軽量ルアー専用リールとなっています。

軽量ルアー専用だけあって、ラインキャパは狭く設定されていて、8ポンドのラインを100m巻くことができるようになっています。

 

また、ボディ本体の自重はとてつもなく軽く135gの重さとなっています。

この軽さなら一日中投げていても疲れないかもしれませんね!!

 

MGLモデル比較一覧表

MGLモデルの技術特性やカタログの値を参考にするべく、一覧表を作成してみました!

こうやってみるとリールの特性が把握しやすいですね!!

技術特性比較

見づらい方は下記の表を参考にしてください。

 マイクロモジュールギアX-SHIPハガネボディMGLスプールS3DスプールサイレントチューンSVSインフィニティエキサイトドラグサウンドS A-RBスーパーフリースプール対応水域
19アンタレスMGLスプール3淡水専用
16メタニウム MGLMGLスプール2海水OK
18バンタムMGLMGLスプール2海水OK
19スコーピオンMGLMGLスプール2海水OK
SLX MGLMGLスプール2海水OK
クロナークMGLMGLスプール2海水OK
アルデバランMGLMGLスプール2海水OK

カタログ値比較

MGLモデルの特性を把握して自分に合ったリールを選ぼう!!

僕は19アンタレスが欲しくて欲しくてたまらないんですが、結構なお値段がしますので、かなり躊躇しているところです。

 

やはりハイエンドモデルは性能が良かったり、新技術が搭載されていたりするせいで高いのですが、普通に別のモデルでも十分な場合も多いんですよね。

自分がどんな釣りをしたいかによって、スプールだったりギア比だったりと、比較検討する部分は多くあります。

 

結局は自分が所有して満足できるかどうか、自分の釣りのスタイルに合ったリールなのかを見極めて買うことが後悔しない選び方だと思います。

それでは良いMGLリール選びを!!

コメントを残す