MENU

【DRT】タイニークラッシュってどんなルアー?アクションが多彩で常に入手困難な超レアなビッグベイトである!

2019年になって初めてDRTの「タイニークラッシュ」を手にしましたツリイコ(@turi_iko)です!

 

しかし、タイニークラッシュを知らないアングラーも多いですよね?

  • タイニークラッシュってなに?
  • そんなルアー見たことないんだけど、どこで売ってるの?

僕も昨年まではそんな感じでした。

 

TwitterやYouTubeでは「タイニークラッシュ」をよく見かけますが、実店舗ではほぼほぼ見かけないので、どんなルアーなのかよくわからないんですよね!!

 

それもそのはず。『タイニークラッシュ』は超入手困難の激レアルアーだからです!

 

ということで、今回はタイニークラッシュの特徴をまとめました!

タイニークラッシュってどんなルアー?アクションが多彩で常に入手困難な超レアなビッグベイトである!

『タイニークラッシュ』とはDRT(ディビジョンレーベルタックルズ)から発売されているビッグベイトで、全国各地で大流行中の超人気&激レアなビッグベイトです。

現在発売されているビッグベイトで最も人気のあるルアーと言っても過言ではありません。とにかく手に入れるのが難しいルアーのひとつ。

 

タイニークラッシュの特徴は以下の通り!

タイニークラッシュの特徴
  • テールとリップの取り付け方で変わる変幻自在のアクション!
  • パーツの組み合わせとルアー操作でアクションパターンが無限に?!
  • HiとLowの2モデルが存在!
  • 毎年変化しているカラーラインナップ!
  • 長さは6.6インチ、重さは2ozクラス

テールとリップの取り付け方で変わる変幻自在のアクション!

タイニークラッシュはリップとテールが着脱可能になっていて、セッティング方法によってアクションが変化するというユニークなルアーとなっています。

以下の動画はDRTによるタイニークラッシュのパーツ換装のアクション変化を撮影した動画です。

若干リトリーブが早くてわかりづらいものの、テールの向きの変更やオプションパーツの換装によってルアーアクションが変わっているのがわかります。

パーツの組み合わせとルアー操作でアクションパターンが無限に?!

タイニークラッシュは上の動画の通り、換装パーツが多く用意されていて、多彩なアクションを生み出せるようにデザインされています!

現在タイニークラッシュ用に発売されている換装パーツは以下の通り!

ロングリップ(購入時についているリップ)

買った時にルアーについているのがロングリップで、グリグリとしたウォブリングを見せてくれます。

ショートリップ

ロングリップに比べて水の抵抗を受けにくいため、ウォブリングアクションがやや小ぶりになります。また、リップが短くなったために潜航深度が浅くなるため、水面〜1mまでを攻めたい時に使います。

ワイドリップ

ワイドリップはリップの面積が広く、水の抵抗を強く受けるため、ロングリップよりもさらに強いウォブリングのアクションを見せてくれます!

ワイドリップの取り付ける向きを逆にする「逆付け」セッティングなるものもあり、表層を強いウォブリングで誘っていくということもできます。

ノーマルテール

ルアー購入時に取り付けてあるテールですが、テールの上下を変えることでウォブリングの強さやローリングのかかり具合を変化させることができます。

Vテール

Vテールは水流を受けにくい形をしているためルアー後方のジョイントの動きを抑えることができます。

Vテールを着用した有名なセッティングに「ヨタ巻き」というセッティング方法もあります。

参考:TiNYKLASH/タイニークラッシュ ヨタ巻き~ボトムデッドスローセッティング

 

タイニークラッシュはリップレスでもアクションが変化するので、換装パーツの交換によるアクションの変化は4×2で8通りのアクション変化を使うことができます!

フックのサイズやシンカーをつけるとさらにアクションを変えることができるので、無限のアクションの変化を生み出すことができますね。

ツリイコ

タイニークラッシュのアクション変化は実際に使ってみると想像以上に面白い!泳がせているだけでも満足できるレベルのルアーです!

ハイフロートとローフロートの2モデルが存在!

タイニークラッシュには「Hi Float」と「Low Float」の2つのモデルが存在します。

高浮力か低浮力の2つの種類があるのです。

 

ハイフロートはクランクベイトのようにすぐに水面に浮いてきますし、

ローフロートはサスペンドルアーのようにゆっくりと浮かんでくる感じです。

 

フィールドやバスの状態によって使い分けたいところですが、根がかりでロストすることが怖い場合はハイフロートをチョイスする方が無難です。

毎年変化しているカラーラインナップ!

タイニークラッシュは基本的なカラーラインナップは残しつつも、たびたびオリジナルカラーを輩出しています。

オリジナルカラーは取り扱い店ごとに変わっていたり、ルアーフェスなどで会場限定のカラーが存在していてたくさんのカラーが流通しています!いわゆる物欲が止まらなくなるシステムですね。

 

タイニークラッシュのオリジナルカラーの種類についてははegussanのblogで丁寧にまとめられています。

DRTタイニークラッシュ/K9等のオリカラ まとめ

ツリイコ

ちなみに上の方の画像は「ストライク」というショップのオリカラの”瞬電”です!

タイニークラッシュは実物を泳がせた時の感動がヤバい!何個も欲しくなるルアーなので注意!

僕は2019年になってから初めてタイニークラッシュを入手し、野池で泳がせることができました。

初めてタイニークラッシュをリトリーブしたときの感動はヤバかったですね!

このルアーまじヤバいと思ってテールの上下を付け替えて泳がせるとアクションが予想以上に変化して、さらに「ヤバい」って思ったんです!

 

語彙力が崩壊しましたが、タイニークラッシュは実物を持って初めてルアーの魅力を実感することができます。

 

そんなのどのルアーだってそうでしょって感じですが、タイニークラッシュは入手困難なだけに「そんな流行り物には興味ないぞ俺は!タイニークラッシュなんていらん!俺は自分のテクニックを磨くんや!」ってなりがちです。

 

しかし、それはバスアングラーとしては大損。あまりにももったいない。。。

 

アングラーたるもの試すことに価値があり、未踏の地を踏み締めることが釣りであるのです!

こんなにアクション変化を楽しめるルアーを使わないのは損というもの!

参考記事:タイニークラッシュを手に入れる方法は3つしかない!最も確実な買い方を紹介!

 

まだタイニークラッシュを使ったことがない人はぜひ入手して試してみてください!

もしかしたらタイニークラッシュ で思いもよらないデカバスをキャッチできるかもしれません!

コメントを残す

Facebook
Twitter
SHARE