MENU

ビッグベイトにつけるウエイトシンカーは『グレネードシンカー』が手早くつけれるのでオススメ!

ビッグベイトに追加ウエイトを取り付けたいけど、簡単に着脱可能なシンカーってないの?

ここではそんなルアーに取り付けるシンカーの疑問を解決します!

 

ビッグベイトの潜行深度の調整、ルアーのレンジコントロールをするためにシンカーを取り付けたりしたいものの、シンカーの取り付けは面倒ですよね。

 

釣りをしている最中にシンカーの重さをすぐに変えたいのに、シンカーのつけ外しに手間取ると、せっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。

出来る限り素早く、手軽に追加のシンカーの着脱をしたい。

 

今回はすぐに着脱ができ、シンカーの重さの種類が豊富な製品『グレネードシンカー』を紹介します!

ビッグベイトにつけるウエイトシンカーは『グレネードシンカー』が手早くつけれるのでオススメ!

ビッグベイトにつけるシンカーは状況に応じて、すぐに付け替えたいですよね。

そういう欲求を埋めてくれるのがこの『グレネードシンカー』です!

グレネードシンカーの特徴
  • 着脱が簡単!掛けるだけOK!
  • シンカーサイズが豊富で細かな調整もできる!
  • Feco対応で環境に優しい!

着脱が簡単!掛けるだけでOK!

グレネードシンカーの最大のメリットは着脱が非常に簡単なところ!

意外と着脱が簡単に出来るシンカーって売ってなかったりします。

 

シールタイプのシンカーだと着脱が出来ず、重さの調整は出来ないし、着脱が面倒なものは時間がかかりすぎて勿体ないです。

 

グレネードシンカーはシンカーを取り付けたい部分に「カチッ」っと掛けるだけで装着できます!

時間で言うと1秒か2秒くらいでつけることができるので、超高速でシンカーの交換をすることが出来ます!

シンカーのサイズが豊富で細かい調整もできる!

グレネードシンカーのサイズは10種類がラインナップされています。重さは以下の通り。

  • 0.9g、1.2g、1.8g、2.5g、3.5g、5.0g、7.0g、10g、14g、21g

このくらいのサイズのラインナップがあると結構細かい調整ができますよね!

 

フィールドで「もうちょっとだけ重くしたいなー」とか思ったときには、0.9gのシンカーを追加してみることで調整をしたりすることができます。

組み合わせ次第で自分の理想の重さをルアーに付与することができるので、状況に合わせてウエイトの調整をしたいアングラーにぴったりのシンカーではないでしょうか。

グレネードシンカーはFeco対応で環境に優しい!

グレネードシンカーは有害物質の含有量が少ない『Feco』の規格の認定を受けているので、環境にも優しい仕様になっています。

参考:ルアーパッケージについてる『FECO』ってなに?エコタックルについて問い合わせてみた。

 

普段の趣味だけの人ならあまり気にしないところですが、トーナメントに参戦している人には嬉しい「Feco」対応です。日本のトーナメントではFeco対応の製品でないと、大会に参加できなかったりしますからね。

 

トーナメントとか関係なく、鉛の含有しているシンカーを自分の愛するフィールドに投げ込んでいる事実に心を痛める人も多いはず。出来るだけ環境に優しい方のタングステンシンカーを使いたいですよね。

釣果をも左右するシンカー脱着スピードは出来るだけ早くしておこう!

僕は個人的にはルアーに取り付けるシンカーは「着脱が可能なこと」と「重さの調整ができること」を意識してシンカーを選んだ方がいいと考えています。

 

まずシンカーの着脱が出来ない製品の場合、フィールドでシンカーのサイズを交換をするのは大変!シールタイプのウエイトシールを切ったり貼ったりしていると、あっと言う間に時間がなくなります。

 

また重さの調整が簡単にできることも超重要です。「もっと早く沈ませたい」と思っても調整が出来ないシンカーしか持っていない場合にはどうすることもできず、諦めるほかありません。

 

そういう不便を解消することによって、バスに口を使わせる場面を増やすこともできるかもしれませんよね。魚の反応を見ながらシンカーサイズを変えることで、自分自身へのフィードバックを増やすことができ、結果として釣れる魚の数も変わってくるはず!

なにより釣りの最中の「イライラ」をなくすことができるのが1番のメリットかもしれません。

 

シンカーの着脱で悩んだことのある人、ルアーに取り付けるシンカーを探している人は一度試してみる価値のある製品です。ぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

Facebook
Twitter
SHARE